コラム

コラムCOLUMN

コラム画像
  • 2018/09/20家事代行と家政婦の違いについて

     お客様から、家事代行と家政婦の違いについて聞かれることがあります。
     「家政婦」は狭い意味では厚生労働省の管轄する有料職業紹介という仕組みによる家政婦紹介所に所属する家政婦さんのことを指します。家政婦紹介所はお客様へ家政婦さんを紹介し、お客様は担当する家政婦さんを雇用する仕組みです。家政婦さんの作業範囲は広く、家事の他に介護やベビーシッターもできます。

     広い意味では、家事代行会社のお客様担当従業員のことを家政婦と呼んだり、家政婦さんの作業と似ている家事代行のお手伝いサービスのことを「家政婦サービス」と言うこともあります。

     「家事代行」は狭い意味では、日常的な掃除、洗濯、食器洗い、食事づくりなどの家事代行の会社によるお手伝いサービス(家政婦サービス)を指しますが、もう少し広い意味では、従来からのハウスクリーニング(個人宅向けの専門的な清掃サービス)のことをハウスクリーニングという言葉を使わずに、家事代行と表現することも増えてきました。さらに広い意味では、服のクリーニングのサービスや外食などを含むこともあります。

     家事代行の会社の仕組みは、お客様からご依頼をいただいた仕事をお客様との間で契約(法律的には請負という形式)して、会社で雇用している従業員がお客様宅で作業をします。
     最近の家事代行サービスの中には、お客様宅で作業する人を雇用せずに、インターネットでマッチングすることによるものもあります。